NEWS

製品 2019.02.26

190218_fgp_news_01

3/5発売! フォグラス プリントグラデーション

ウインドウやガラスパーテーションなどで、ガラスの透過性をいかしながら効果的な目隠しがおこなえます。

 
 

グラデーション 3パターン


190218_fgp_news_02

  
■ 製品仕様
 品 番  品 名 ロール幅
[mm]
長さ
[m]
飛散防止 ハードコート 不燃材料 UVカット 基 材 総 厚
FP-001 カスミ 1250 30 申請中 ポリエステル系樹脂 75
FP-002 コナユキ 1250 30 申請中 ポリエステル系樹脂 75
FP-003 ユウダチ 1250 30 申請中 ポリエステル系樹脂 75
FP-099 ベースホワイト 1250 30 申請中 ポリエステル系樹脂 75

* 飛散防止効果:◎JIS A5759の飛散防止効果を満たすもの
* UVカット効果:◎99%以上

■ 組み合わせ施工にはFP-099ベースホワイトをご使用ください。上記グラデーション濃度100%とベースホワイトは同色ですが、製品ロットにより色目に差異がある場合がございます。あらかじめご了承ください。
■ 上記以外にも小ロットでオリジナルデザイン(グラデーション)の作成が可能です。詳しくは弊社までお問合せください。

 
 

カタログ・ロールサンプルのご請求


190218_fgp_news_04
カタログと実物ロールサンプルをご用意しております。資料請求は下記のフォームよりご依頼ください。
ご依頼の際、フォーム内【ご要望など】の欄に、必要事項をご入力お願い致します。

※記入例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ご要望など】
・フォグラスプリントグラデーション ●部
・ロールサンプル FP-000  ●個
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
190218_fgp_news_03

 
 

ショールームでは、さまざまな組み合わせを展示中!


190218_fgp_news_05
CSデザインセンター(ショールーム)では、Foglas プリントグラデーションのさまざまな組み合わせをガラスパーテーションに施工しております。
各種グラデーションの透け感や質感など、実物をご確認いただけます。

2019年2月27日〜4月末まで(予定)

●ご利用時間 OPEN 10:30 〜 CLOSE 18:30
●休館日   土・日・祝日・年末年始・夏期休業
※企画展設営などのために不定期で閉館する場合がございます。お手数ですがHP やお電話でご確認ください。

株式会社 中川ケミカル CS デザインセンター
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-1-6 3F

 
 

使用上のご注意


被着体について

・プリントグラデーションフィルムは内貼り専用です。また、被着体はガラスに限ります。
・窓ガラスにフィルムを貼ると、ガラスの温度が上昇し熱割れを生じる場合があります。熱や湿度がこもりやすい環境でのご使用はお避けください。フィルムや粘着剤の劣化が促進され、本来の機能が損なわれます。
・フィルムをはがす際、ガラスに糊が残る場合があります。

施工について

・貼り付け作業は、5℃~30℃の環境条件下で行ってください。低温(5℃以下)の場合、ジェットヒーターなどで温めてから貼付して、十分圧着してください。
 高温(30℃以上)の場合、初期粘着力が増し貼りづらくなるため、涼しい時間帯での作業をお勧めします。
・施工時に使用した水分等がガラス面にわずかに残り、くもりや水泡を生じることがありますが、製品の異常ではありません。この現象は、水分が気化して除々に抜けて解消されます。日陰や気温が低い場合、湿度が高い場合には、ある程度日数を必要とする場合があります。
・ガラスに傷がある場合や著しい汚れが付着して落ちない場合は、熱割れの原因になったり、本来の機能が損なわれたりすることがありますので、フィルムを貼付しないでください。
・プリントグラデーションフィルムは耐摩耗性ハードコート層が付与されています。室内蛍光灯や太陽の反射光によって干渉縞が見えることがあります。

施工後のメンテナンスについて

・フィルム施工後の養生期間中は、フィルムが乾いておりませんので、手を触れないようにしてください。清掃は、フィルム施工後、1ヶ月以上の期間を置いてください。
・フィルム表面に汚れを付着させたままにすると、フィルムの劣化が促進されます。フィルムの性能を維持するためには、定期的な清掃が必要です。

・清掃方法
1)窓ガラス清掃用ゴムスキージや水を含んだ柔らかい布で軽く水洗いしてください。乾拭きは避けてください。スキージ本体の金属部分(特にエッジ部分やボルト)がフィルムに接触しないよう注意してください。
2)フィルムの表面は、必ず一方向に拭くようにしてください。(往復しないでください)
3)汚れがひどい場合は、中性洗剤(1~2%)を使用してください。アンモニア系、塩素系、有機系洗剤は使用しないでください。
4)フィルム面に継目があるときは、継目に沿って拭いてください。フィルム表面に粘着テープやステッカー等を貼ったり、マジック等で書いたりしないでください。フィルムは有機材料でできているため、製品に寿命があります。また、使用環境が過酷な場合には、寿命が短くなったり外観や性能の劣化が生じることがあります。
予測しかねる環境変化によっては、不具合が生じる場合がありますので、ご使用にあたっては、事前に当社にお問い合わせください。